マダム妊婦Xの憂鬱!40歳を超えての2人目妊活結果

*

「 月別アーカイブ:2017年05月 」 一覧

no image

転職理由の本音のところ

  2017/05/30    コラム

どのような転職の理由が望ましいかというと、まずは転職理由の本音のところを思いおこしてみてください。
そのままを伝える必要はないので、思ったことをそのままノートに記述しましょう。

そして、それを後ろ向きなイメージにならないように文章をリライトしてください。転職理由が長くなりすぎると言い訳に聞こえてしまうため、できるだけ短くなるようにしましょう。面接を行うときの格好にはくれぐれも気をつけましょう。清潔に見える服装で面接を受けるというのが重要点です。

緊張してしまうと思いますが、きちんとシミュレーションしておき、本番に準備するようにしてください。面接を行う際に聞かれることは決められていますから、前もって回答を思考しておくことが大事です。
違う仕事に職を変えるのは難しいと考えている人が多いですが、本当のところはどうなのでしょうか?結果から述べますと、これまでと違う業種に就くのは簡単ではありません。
経験者と未経験者が同時に面接に来た場合、経験者を採用するのが一般的でしょう。しかしながら、確実に無理というわけではないですし、努力をいとわなければ異なる職種に就けることもあると思います。
どのような転職理由がいいかというと、はじめに、本当に転職する気になった理由を書き出してください。思いつくままに説明する訳ではないので、深く考えずに、紙に書きましょう。そして、それがネガティブに受け取られないように表現方法を工夫してください。転職理由に関することばかりだと言い訳のように聞こえてしまうので、長さには注意しましょう。
違う業種に転職するのは厳しいイメージが強いですが、現実はどうなのでしょうか?結論としていえるのは異なる業種への転職は難しいです。

経験者と未経験者の2人から選ぶ場合、採用担当者は経験者を選択する可能性が高いです。

ただ、必ず無理だというわけではないので、努力によっては転職が決まることもあるでしょう。

人材紹介の会社を通して良い転職ができた人も少なくありません。

転職活動を一人きりで進めるのは、精神的にキツイことも多いです。転職先がなかなか決まらないと、何がいけないのか、どう改善したら良いのか分からなくなることもあります。人材紹介会社を頼った場合、自分のプロフィールに合う求人を教えてくれたり、1人では思いつかないような助言を得られるでしょう。
時と場合によっては、転職に失敗することもよく見られます。最悪なことに転職前の仕事より合わなかったり、年収が理想と違ったり、前の職場が良かったと感じる事もありがちです。

ですから、転職を上手に乗り切るためには、念入りに調べる事が重要です。

そして、面接官に良い印象を与えることも必要なのです。
イライラせずトライしてください。転職のためにアドバンテージとなる資格もあることですし、まず取得し、それから転職するのがいいかもしれません。

異業種への転職を考えているなら尚更、経験に乏しいため、他に志願している人達の方が有利になるので、希望する職種に求められる資格を取っておくとたぶんいいと言えます。資格を持っているからといって必ず採用される、というのは安易な考えです。

転職の際に必要とされる資格というのは、専門職を除くと少ないようですが、持っている資格が有利に働くという意味では、やはり、国家資格が一番のようです。なかでも、建築・土木関連ではたとえば建築士などがそうですが、「業務独占資格」と言われるその資格を取得しておかないと実務をすることができないという職業が多いので、狙ってみてはいかがでしょうか。

労働時間が長いという理由で退職した場合は「生産性を重視する仕事をやりたい」、仕事にやりがいがなくて辞めた場合は「新しい環境でさらなる成長をしたい」と表現を変えると印象が違います。

ネガティブな転職の理由も言い方を変えればポジティブなものです。

履歴書に書くときは、150文字から200文字ほどがちょうどよいです。