マダム妊婦Xの憂鬱!40歳を超えての2人目妊活結果

*

ミヤネ屋で紹介していたマイクロバブルシャワーヘッドを楽天で購入したけど3か月待ち

      2019/09/06

今年の秋ももう終わり、ついに寒~い冬が到来しますね。寒い季節のスキンケア対策はばっちり!という方は、どれほどいるでしょうか?冬は乾燥肌、敏感肌さんにとってはとっても厳しい季節です・・・。
スキンケアにおいて「保湿」とは美肌を作り、維持するにはとても重要なポイントです。様々なところで聞いているとは思いますが、冬はとにかく保湿はしっかりと念入りに行いましょう。
例えば冬の冷たく乾燥した空気に肌が触れないよう、マスクやマフラーを活用するのも手ですし、運動して汗をかくことも重要です!また化粧水はなるべく”弱酸性”のものを選ぶとよいでしょう。
今年こそ頑張ってくすみのないふんわり美肌を作りましょう!乾燥肌の人は、化粧水や乳液をつけすぎてしまいがちです。某化粧品会社で化粧をしてもらった時メイクアップアーティストの方から化粧を落とす時に乾燥肌の人は化粧を落とすところから変えたほうがいいとアドバイスもらいました。お薦めはミルクタイプのメイク落としになります。
シートタイプは肌を傷つけるため絶対にしてはいけないのだそうです。どのメイク落としを使用していいのか悩んでいたら、ミルクタイプのものを使ってみましょう。

頬は乾燥、額は脂っぽい…いわゆる混合肌というものですが、スキンケアの基礎中の基礎である「擦り洗顔厳禁!迅速な保湿&保湿!」をおろそかにする事なく入念に、そして速やかにする事で肌はみるみる良くなりました。自分のお肌に合う洗顔料、化粧水、乳液etcを探して見つけることも重要ですが、「基本がしっかりできている」肌でなければ功をなさないこともわかりました。
たまには手抜きして基本を無視してしまうこともありますが、その時は再度、混合肌に悩まされることになります。

基礎は遵守するもの!と自重するようにしましょう。妊娠中から産後しばらくはホルモンバランスが乱れて普段の肌質と変わってしまうこともあります。

妊娠前にはなかった肌の乾燥が気になるようになった、あちこちにシミができるようになってしまった…。そうであれば、ケアもお肌の状態に応じてしっかりと行っていきましょう。

辛いつわりで動けない、という方もいるでしょう。そんな時に絶対に無理をするべきではありませんが、シミの数が増えたという場合には、家の中にいる時でも、また冬であっても日焼け止めを塗るようにするとシミは出来にくくなるので試してみてください。妊娠直後から、肌が過敏になりいつも使っていた化粧品やスキンケア用品で肌トラブルが現れるようになりました。

チクチクとした痒みが皮膚と衣類の摩擦で生まれるようになり、顔も常に乾燥してカサカサとしていました。

この時、これ以上肌に負荷をかけたくなかったので無添加の化粧品を使うこと決めました。

赤ちゃんが生まれると悩んでいた体の痒みはさっぱり消えました。

顔や肌の乾燥も元どおりになって欲しかったのですが、それは叶いませんでした。
出産を終えるとわずかに残った体力も時間も育児に奪われていき、これまで行ってきたスキンケアを同じようにする時間はないので、時短でもしっかりとスキンケアできるオールインワンジェルを愛用するようになりました。

長年愛用してきたメイク落としはオイルタイプでした。
オイルなら落ちにくいメイク汚れもスルッと落とすものだと考えていたからです。

。実際はというと、乾燥肌の私の場合にはオイルが必要以上に皮脂を奪っていると知り、ジェルクレンジングを使うようにしました。

何ということでしょう、お肌に適度な皮脂が残るようになったからかヒリヒリとつっぱっていた顔も潤いを感じるようになりました。顔がカサついて仕方ないという方はオイルタイプの洗顔料から離れてみましょう。出産後からホルモンバランスの乱れからか肌の状態が悪くなりました。

元々乾燥肌でしたが、化粧水でピリピリとした痛みが肌に出るようになりました。

そういうわけで、乾燥性敏感肌でも使える低刺激な化粧品を使用し肌に触れるのは必要最低限にして、シンプルに化粧水と乳液のみで肌ケアをしたところ、悪化する事なく肌の状態が改善されました。産後はスキンケアにかける時間もなかったので時短とケアが叶ってよかったです。

年齢が高くなるにつれ目元のシワや口元のほうれい線など気になりますよね。肌トラブルが老化に伴うものであればエイジングケアに対応した化粧品でスキンケアをすれば、肌に現れる老いのスピードを落とすことができます。
しかしながら、年齢も肌も若い20歳代での対処は早すぎるため、エイジングケアに特化したスキンケア化粧品にしてしまうと、必要以上に養分を与えてしまい寧ろ肌の状態が悪くなってしまいます。

したがって、「対策するなら20代から!」は間違っており、年齢にあったエイジングケアをすることが大切ということを分かった上で、行いましょう。

冬の足音がするかのように、秋も終わりが近くなりました。

冬の寒さに負けない肌作り、皆さんはもうされてますか?冬は乾燥肌、敏感肌さんにとってはとっても厳しい季節です・・・。
まずスキンケアに大切なことはズバリ「保湿」です。
嫌という程見聞きしている言葉とは思いますが、中でも冬の保湿は徹底して行う必要があります。肌を冷えと乾燥から守るため、マスクやマフラーを活用するのもアリですし、体を動かして汗をかくのも有効です!また保湿の際に使用する化粧水は”弱酸性”にするとなお良しです。

この冬は乾燥にも負けない滑らかな肌をゲットしましょう!敏感肌ゆえに私の肌にはシミができることが多く、紫外線を吸収してしまうのか肌はいつも黒く、美白とは程遠いものでした。サエルはそんな人のためのものだと思います。
配合されている3つの植物から抽出した天然成分が肌に優しくアプローチし、メラニンの生成を抑えてくれる優れもの。これにより、シミもくすみもない透明感あふれる美肌を手に入れました。

お値段は少々しますが、お値段以上の働きをきちんとしてくれるコスメだと思います。

私にはもう手放せません。

 - コラム