マダム妊婦Xの憂鬱!40歳を超えての2人目妊活結果

*

100均アイテムで猫避け対策したけど見事に撃沈

      2019/02/13

部屋からトラックへ荷物が全て積まれるまで、かかる時間はどのくらいか、というとこれは決して一定しておりません。
荷物量や、部屋が何階にあるか、また、作業人数はどれくらいか、といった条件によって全く変わってくるものです。そこをかなり無理矢理、計算してみますと、荷物も少ない単身の引っ越しだと30分弱、他と比べて相当荷物が多いご家庭の引っ越しなら概ね2時間を少し越えるくらい、だいたい普通の一般家庭の引っ越しなら、これらの範囲内で済むようです。コートやスーツなど、普段ハンガーにかけて収納してあるような衣類を荷造りする場合は多くの引っ越し業者でレンタルサービスしてくれる運送用の衣装ケースがあり、これの使用によってハンガーにかけられている衣服の荷造りが、格段に楽になります。

こういうケースがないと、普通のダンボールに一着ずつ衣類を重ねて梱包することになるのですがこういった衣装ケースの場合はハンガーにかけた状態のまま、収納ケースの中に吊っていくことができるようになっています。
運搬先でも、今度は衣装ケースからハンガーのまま取り出して、クローゼットなどに収納していくことができて便利です。
引っ越し業者の選択は難しいものです。
これまで引っ越ししたことが無いならば、色々な不安もついてまわるでしょう。初めて引っ越しした時、私は「引っ越しのサカイ」さんにお願いしました。いろいろと調べたのですが、料金とサービス内容が一番良かったので選びました。

引っ越しの当日に対応してくれた配送員の人がすごく親切だったことが印象的でした。これ以降の引っ越しは、いつも引っ越しのサカイを利用しています。いつものところだと安心感がありますし、信頼感があるんですよね。これからも、引っ越しの時にはサカイさんにお願いしたいと思っています。

自分は引っ越しで損をしたくないと思うなら引っ越しの業者を決める際には必ず見積もりをとりましょう。正しい見積もりは業者に来てもらうしかないのですが、業者に来てもらうことが困難であればおよその荷物の量を電話で具体的に伝えるだけでもいくらくらいかを教えてもらえます。いくつかの業者の見積もり価格を出すとそれより高くならないようにしてくれる業者もあります。
できれば複数の業者の見積もりをとる方が得なのです。何かサービスを受けた時にいくらか包む、いわゆるチップの習慣は日本にはありませんが、引っ越しの時に限っては、業者に料金以外のお金を包むという人はかなり大勢います。素早く丁寧に、引っ越し作業をこなしてくれるスタッフ達に感謝と労りの気持ちで、幾らか包んだり、ペットボトルの飲み物と軽食を用意したりすることもあります。

これらは、全く必要ないことではありますが、大変な、気の抜けない作業をしているスタッフからすると、心付けをもらえるのは素直に嬉しいし、正直助かる、ということです。引っ越しの際の挨拶についてお悩みの方も多いようですが、引っ越し前と後の近所の人に挨拶した方が今後の生活にプラスに働くと思います。

挨拶をしておかないと隣人との関係がこじれるというケースも珍しいことではありませんから、重要です。
生活をしていく上で、お互い目をつぶらないといけないことも出てくるでしょうから、隣人には、出来れば挨拶をするのがおススメです。専門業者の引っ越しでは、引っ越しの場所や日程などが決まれば、費用などの見積もりを業者に依頼し、業者との間で諸条件に折り合いをつけられれば、正式な依頼のため、契約書を取り交わします。
全面的に荷造りを任せるのでなく、自分で荷造りする契約であれば業者から必要な梱包材をもらい、準備しておきます。引っ越し当日は、作業の流れについて全面的に業者に任せるのが普通です。国民年金の加入者が転居を行いましたら、年金手帳の住所変更の手続きをすることになっております。それも期限があり、14日以内に、引っ越し先の市町村にて年金手帳の住所変更を済ませてしまいます。

手続きに必要なものは、国民年金手帳と、印鑑です。どうしても本人が手続きに行けない、という場合は、委任状を作成することで親族や配偶者が、本人の代わりに手続きできるようになります。

人により引っ越しのやり方は様々ですが、近頃では、業者にすべてを任せる形の引っ越しを選ぶ人も増えています。
ですが、傷のつきやすい大型家具や、重い家電などが運ばれる時は、任せっぱなしではなく、作業をそばで見ておいた方が良いです。

引っ越し業者の人が、もしも大きな荷物を運んでいる間に壊したり、傷をつけたりすると、引っ越し業者は、その補償をしないといけないのですが、荷物についた傷は引っ越しの時ついた、と確認しておかないと、すみやかな補償が難しくなるかもしれません。
天候は、引っ越し作業に大きく影響することが多く、特に雨の日などは、荷物の防水など、やることが増えます。

梱包をはじめとして、業者に全てお任せのコースを利用しているなら、雨によって荷物が傷むなどのおそれは無いでしょう。でも、雨天時の道路事情により転居先に荷物が届く時間が遅れ、終了時間がずれ込むことはあり得ます。

業者任せでなく、自分で荷造りをする場合は、特に荷物の防水には気を使いましょう。特に梅雨時などは何時降ってきてもおかしくありませんから備えておくと良いでしょう。

 - コラム