マダム妊婦Xの憂鬱!40歳を超えての2人目妊活結果

*

引っ越し作業のあとでソバをいただく

      2017/06/06

荷物を搬出するときまでに冷蔵庫の準備が間に合わず、搬出時にゴタゴタすることもあると聞きます。冷蔵庫の準備とは、前の日までに庫内を空にして、電源を切っておき、下部の水滴貯めパレットに水がたまってくるので、それを捨てれば他にやることはありません。庫内のもの、とりわけ生もの、氷などは使い切れるように計画を立て、冷蔵庫で保管するものは買わないようにして冷蔵庫のない生活に備えなくてはなりません。
引っ越しの荷造りは大変なものですが、特に慎重になるのはガラスや陶器の取り扱いでしょう。
新居で荷物を片付け終わるときまで、決して気は抜けません。
傷つけないように運ぶため、包むときにちょっと工夫しましょう。ほとんどの方は新聞紙を使うと思いますが、大きさには余裕を持たせ、紙の中央に底面を置き、一個ずつ包んでいきます。
包装に使う新聞紙はくしゃくしゃになっていた方が緩衝材として役に立ちます。また、持ち手や取っ手など、飛び出たところがあれば、飛び出たところを先に包むのがコツです。

最近では、実行する人も少なくなったかもしれませんが、家族やお手伝いの人と、引っ越し作業のあとでソバをいただく、といった古くからおこなわれてきた習慣があります。どんな意味があるのかというと、そもそもはソバの形状に引っかけて「細く長く」お付き合いをと縁起をかついだのと、名称から「ソバ」に引っ越してきましたからよろしくお願いします等という洒落っ気も込めてご近所のみなさんに振る舞ったのが、始まりだと言われているようです。
引っ越しによって住環境が変わると、これまでの生活の後始末や、新しい生活への対応として思わぬ出費が続くことになるので、引っ越し作業を業者に依頼するとしても節約に努めたいものです。まずは、業者の料金システムをよく調べて、割り引きがきくかどうか見てみましょう。多くの業者に割引サービスがありますが、それは普通引っ越しが少ないとされる時期に引っ越しすることで基本料金から安くしてくれることが多いためできることなら、そこをねらって引っ越しできるようにしていきましょう。冷蔵庫みたいな大型家電を、引っ越し作業の人が運搬するのを見ている時には、どこかにぶつけたりしないか、などと心配になってしまいます。

もし、落下させて完全に壊してしまった、なんていう状況は最悪ですから、見た目にも丁寧に荷物を運んでくれる引っ越し業者は信用でき、頼りにしています。
転勤が多く、引っ越し経験は多い方ですが、引っ越し作業は業者と一緒に行なうようにしていますが、それもあってか、目の前で荷物を荒く扱われた、という経験はないです。
でも、もし引っ越し時に荷物の破損があったりしたら、業者から補償を受けられる仕組みがありますから、頑張って自分で運ぶよりプロに丸投げした方が、もしかしたら損しないのではないか、と思うようになりました。「荷物の量」「移動距離」「時期」などの違いで引っ越しの相場も変わります。
引っ越しの費用を抑えるためにも、実際に行動するより先に、必要になるお金の目安を付けるための一般的な引っ越しの相場を知っておく必要があるのです。
大体の相場が分かったら、複数の業者に見積もりをお願いして、相場より安価でサービスの良い引っ越し業者を見付けるのが後悔の少ない引っ越しの方法だと思います。
荷造りはいろいろ手がかかるものですが、食器を包んで詰めるのは確かに大変です。必ずといっていいほど陶器やガラスの割れ物が含まれ、細心の注意を払って梱包しなければ運搬中に壊れてしまったら泣くに泣けません。最近のグラスは、薄いガラスで作られたものが人気でもあります。
そういう食器の場合、内側に丸めた新聞紙を入れてから外側から包み、業者に用意してもらった専用の箱に入れるなど、厳重に包んだ上で、保護して運べるようにすれば途中で壊れてしまう危険性はだいぶ減るでしょうね。引っ越しにまつわる困り事といえば、エアコンの扱いもよく挙げられます。ただし、引っ越しで退去する家が賃貸住宅でしたら、物件を管理をする立場の人にエアコンを取り外さずにこのまま置いて行っても構わないか一応問い合わせてみるのがおすすめです。

部屋の管理をする側としては、エアコン付の物件を次の入居者に用意できるわけですし、そのままにしていって良い、という答えが得られる場合もあります。こういった場合ですと取り外し工事の料金がかからなりますから、少しコストを削ることができますね。
私は地方出身だったので、今まで3回引っ越ししています。
引っ越しのきっかけは進学、就職などですが、どうしても荷作りに手間取ってしまいます。気づいたこととして、私のような単身世帯の場合は多少割高でも、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープなら荷物が丈夫になり、運びやすくなります。スーパーなどのダンボールやクラフトテープに比べても強度の差は明らかです。
壊れない頑丈な荷物にするために欠かせないものなので、何とか手に入れたいものです。洗濯機ですが、うちではドラム式のものを使っています。以前一度だけ転勤をし、その時は単身赴任ではなく、家族で引っ越しました。
新居に引っ越しの荷物が届けられた時、濡れて水を含んだダンボールに気付き引っ越し業者に電話をしてみました。
水の出た原因は洗濯機で、ホース内に水が残っていて車に揺られているうちに、染みでてきて、そのまま運んできてしまった、ということです。

他の荷物に水が染みた、というようなこともなく、大した実害もなかったのですが、まさか、洗濯機のホース内の水を抜く、という発想はありませんでしたから次は失敗の無いようにしたいものです。

 - コラム